悩み相談なら電話が無料【親身になって話を聞いてくれる】

レディ

通院する前に相談出来る

医者

1人で悩みを抱えない

学校や職場などの人間関係の悩みでうつ病の症状が出ている方のために、電話による悩み相談の窓口があります。心療内科に通う必要がある症状かどうかは分からないが、悩みが原因で眠れないというなどの症状がある方には特にオススメです。うつ病の症状は、相談相手が近くにおらず1人で抱え込んでしまうと症状が長引くことになるので、体調の変化に気づいたら早めの対処をする事が大切です。アルコール依存症やギャンブル依存症なども、心療内科で治療が出来る症状であるとされており、これらの依存症専用の悩み相談も増えています。やめたいのにやめられないという自覚症状がある方はもちろんのこと、ついギャンブルでお金を使ってしまいやすく、もしかしたら依存症なのではないかと感じている方まで幅広く電話による悩み相談が可能です。無料で悩み相談を行える団体も多いので、料金を気にせずに相談しやすくなっています。女性特有の悩みや嫌がらせを抱えている方向けに、女性専用の悩み相談の窓口もあり、無料で利用する事が可能です。男性のカウンセラーに相談しづらい悩みの場合は女性のカウンセラーのみが相談に乗っている団体もあるので、女性向けであるかをあらかじめ調べて相談すると安心です。自治体で女性向けの悩み相談に対応しているところも多くあり、家の近所の団体に相談することも出来ます。電話による無料の悩み相談を行なっている団体は多くありますが、団体によって相談可能となっている時間帯が異なるのでホームページなどで情報を調べてから電話をすると安心です。自宅の電話や携帯電話から悩み相談をする事は可能ですが、家族に知られずに悩み相談をしたいという方向けに公衆電話からかける事ができる相談窓口もあり便利です。スムーズに相談をするためには、自分の悩みの原因となっている物事についての人間関係などをカウンセラーに話しやすいようにメモなどに相談内容をあらかじめ書いておくと話しやすくなります。電話をかける際には手元のメモを読みながら話すと、言葉が途切れずに相談をする事が出来ます。また、直接医者に診てもらった方が良いとカウンセラーが判断した場合は、相談者の通いやすい場所にある心療内科や精神科を紹介してくれるシステムを導入している団体もあります。相談内容をメモに記さずに会話をする場合でも、カウンセラーが案内してくれた病院名や連絡先をメモできるように紙とペンを準備しておくと便利です。仕事で忙しく、平日の昼間に相談をする時間がないという方向けに24時間相談可能となっている無料の電話相談もあります。不眠症で眠れないという方の相談にも乗ってくれるので、夜中であっても対応している団体を調べて症状を話すと解決の糸口が見つかりやすくなります。長い期間不眠の症状が出ている場合は、何日間眠っていないのかなど記録をしておくと相談しやすくなるので、自覚している症状を記録しておくように気をつける事が大切です。悩み相談を行なっている団体の中には地域に密着した団体もあり、いざという時に直接カウンセラーに会って将来相談する事を検討している方には、直接サポートしている団体に相談をする事がオススメです。